プロフィール

masksaito

ヴァカリネ鯖です

最新記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 斉藤おじさん日誌

プルルルル・・・・プルルル・・・・

兄 「おまえいま実家帰ってるんだってな、ならこっちにも遊びにこいや」

俺 「あー、今赤ちゃん生後6か月なんだっけ、わかったみにいくわ」





<当日─トウジツ─>


赤ん坊 「だあ・・・・だあ・・・・」


俺 「産まれとるやないか・・・・・・・(驚愕)」


えー、言葉では分かっているつもりでも実際見るまで理解できない現象が
いくつかございますが、今回のはその中でもとりわけ強烈でした。

猫サイズの猫を目にする事は沢山あっても、猫サイズの人間をまじまじと
見る機会なんぞ殆どなかったので、体は小さいけれど生命力ぱねぇ感じ
が指の一本一本からも出ているようで、圧倒的な存在感を感じた。

でもまだ人見知りするらしく、うちの父が笑いながらにじり寄る姿を見て
泣きじゃくっていた。しかしパパ(兄)かママ(兄嫁)が近づくと泣き止む。
こりゃー俺が抱いても泣き叫ぶだろうなあと思っていたが・・・・・

(いや、違う)

その時、俺の中のおじさんが急に目覚めたのを感じた
唐突にスイッチが入ったかのようにある種の直感を抱く

斉藤おじさん (多分・・・これは大丈夫・・・)

斉藤おじさん (きっと・・・泣き止む・・・)


生まれた直感は、しだいに強い確信へと変わっていた。
私は猫を持ち上げるかのごとく赤ちゃんを持ち上げた。
赤ちゃんの瞳がゆっくりと私を見上げていき……目が合う……


赤ちゃん 「―――――――」


兄 「!」


母 「な、泣き声が・・・・・・・」


父 「止んだ!?」



斉藤おじさん 「やっぱりな・・・・」


そう、赤ん坊とは無意識という名の人の本質に最も近い存在・・・・
己のパパ(兄)と最も酷似した遺伝子を持つ斉藤おじさんを見抜き、
本能的に安心できる存在である事が分かってしまったのだろう・・・・


赤ちゃん 「ふぎゃ・・・ほぎゃ・・・」


斉藤おじさん 「?」


赤ちゃん 「おんGYAAAAAAAAAAAA!!」


斉藤 「ゲェッ!」


なんてことはなく、ただの時間差だった!
あまりのショックで思考が止まっただけのよーです
帰ってリトバス見ようと思いました。
スポンサーサイト
  • 夏猫日誌

・第三の予定

実家の猫と遊ぶ
家では二匹の猫を飼っておりまして
帰省する目的の4割くらいはこれだったりします

以下、猫ブログのごとく更新



半年ぶりに帰ってきました^^
うちの猫たちは元気かな~?



いた!

それでは早速密着写真レポを撮りたいと思います
いやぁワクワクしてきたねぇ

パシャ

            プイッ

何故か目を逸らされた

気を取り直してもう一度・・・・
すいません目線こっちにください!



            プイッ

わっ・・すごい・・まじで見てくれない・・・
このコミュ拒否っぷり一体誰に似て・・・







もう一匹のほうと遊んでみたよ!
いい柄してんね~サボてんね~

パシャッ!

          プイッ

何故なのか



     「おいテメー、俺の視界に入るんじゃねえ」



この後スタッフがもふもふしました。
毛が飛び散ってきたねえ
  • 斎藤vsロダン日誌

きっかけはここから始まった
ロダン 『斎藤オメー引退するならチケットおれによこしてくれ』

あろうことか・・・
奴は今にも朽ちようとするこの私から
更に銀の輝きを奪いにきたのだ・・・・

全然良かったのだけど
とはいえここで簡単に差し出してしまっては何だかつまらない
俺は無償で奉仕するタイプとは正反対なのだ
ねだるな!自分の手で勝ち取れ!

saito_: よかろう・・・
saito_: ジツリキで奪い取ってみせよ!






気づいたらこんな勝負になってました


     クライマックスバトル斉藤vsロダン

ルール

パチンコ・スロットどっちでもいいので打ちにいって
一番熱い画像を撮ってきたほうの勝ち
ジャッジにはあの氷雨氏を任命

賭ける物

斉藤:残りカスデッキ+チケット
ロダン:?????(公開不可)

意気込み

saito: てきとうにしんだいか天井狙いでいこう
rodan: ジャージ部魂で行こう


バトル開始ィィィィィィ!!!


  • 宿命の刻日誌

ここ最近のアフターは来るべき時に備えて復習をしてました



何という色あせぬ名作・・・
さすが過去にファンレターを送ろうか悩みぬいたトゥハート様でござる
プレイするのは数年ぶりでほとんど忘れていたので、
新鮮な気持ちでこのみちゃんに直結していたのだが・・・



何故か雄二ENDになっていた・・・何でじゃ
そういや初めてプレイした時もこれだったような…
やり直してみると最初に大事なフラグを逃してた事が発覚



その後は無事グランドフィナーレを───
神ゲ!うう・・・







気づいたら全クリしてた



さてお遊びはここまでだ
これより先語るは18歳未満お断りの修羅の世界
パチスロ界における『Toheart2』のプレイ日誌である



筐体はこんな感じらしい
Toheart2の復習は全範囲に渡っておこなったんですが
台の予習はこれっぽっちもやらないまま実戦に赴いた

俺 (いこう このみの元へ・・・!)


・新台争い編

打ちたいからといって簡単に打てるほどこの世界は甘くない
つい最近導入したばかりでかつ導入数がすくないこの台は
ライバルオタとの席争いに打ち勝たねばいけないのだ

近場の店への導入数:8台
集まった人の数:150人


       __、ーvヘl`Y´レイ‐z__
      >.`,.-──‐-..、<_     ククク・・・・沢山おるの・・・・・!
      ブ/:::‐-:、;;;;;;;::-‐::::\ヽ    ゴロツキやモエブタが・・・・・
     イ゙l:::::::‐-:、;;;;;;;;;;;::-‐:::::::l 「    平日の朝っぱらから‥‥‥!
.     {:|_‐==ミ、:::::::::;a==‐:」:}      
.      r'= 〉:;三≧゙;:::::'≦三:_:〈.rメ、     
     {に||:::==゚〈:a:。:〉゚== ::||う.}     ククク・・・・
    人ヒl| r9ニ´/:a;‘'ヽ`ニヽ::lレ'人     しかしあの台に座るのは・・・・
   _Z,.ノ<二二ゞ;_∠二二>゙ー:ゝ_     このわし・・・・・・!
-‐''", i lii.li.{:iヾミヨヨヨヨヨヨヲノ:}li.ili.l i:.`'''ー-     
:il|il|il|l| |l|||ハ \_.・ ー一 。_/ /|||||l| ||l|il|li;l   
|||||||||| |||l|||:\、フ^¨二二,ヽ,ノ´:||||||| ||||||||||   この程度の抽選倍率なぞ
|||||||||| |||||||: ://´,ー─- 、゙>、||l|||l| ||||||||||    造作ないというもの・・・・・
|||||||||| ||||||レ' '/ ,二二,ヽ,〉、ヾ|||||| ||||||||||
|||||||||| |||l「   _,.,イ_厂\゙┘ヽ` .ヾ|| ||||||||||     タカ坊の化身であるわしの運を
|||||||||レ'´   /:{{{{ {:.  };>、_    ヽ||l|||||||     もってすればなっ‥‥‥!
||||シ'「|    , ′:ヾミ;、 ; ジ´.:`ヽ、   ヾ!||l||
シ´.:i| |   ,イ|_: : :/||li|:   |: : : :_;|||ヽ.   「|\
 il||| l /::|.|:`メ:-|i|l:: { |-‐''´::|||/ハ.   | |i:.


が、駄目っ・・・・!

抽選番号は144・・・・!ゴミのような引き・・・・
わしは手元に広がる憎々しい紙きれをゴミ箱へと投げ入れた。

俺 (ここでアドリブが効かない奴は・・・!)







座れた

1台しか導入していない店が近くにあったので、
ここなら抽選してまで狙う奴はいないのではないかと
駄目もとで行ってみたのだが本当に空いてました。奇跡!

・お遊戯編

最初に感じたのがちょっとコイン持ちが悪い?
ベルが6枚、スイカでも4枚なので千円あたり30ゲームって所

124  赤7
213  赤7

初当たりは投資5本で赤7(純増300枚)
強チェリーからだった気がする
弱チェ<スイカ<チャンス目<強チェ<2チェ の順に熱いようだ
2つともARTには入らずしょんぼり・・・としてたら

131  赤7+ART



なんとフリーズ引いてそれが赤7+ART付き
フリーズ演出はメニューからロード画面を開いたら・・・・という内容

41   REG
42   REG
238  REG
135  白7
47  白7
103  白7
197  REG
41   白7
20   白7
43   白7



サクサクボーナス引けて白7からARTへ1回突入!
白7は純増200枚なのでウメエ出来るのだが
REGは純増40枚くらいでほぼ意味無し

さて肝心のARTは・・・
純増は0.8枚とツインエンジェルクラスで
上乗せも調子の悪い北斗ばりに無かった

結局赤7を引けないとコインがあまり増えないので
事故が起こりにくく、設定に忠実なタイプかもしれないが
上乗せ特化のスペシャルデートを体験してないので何とも

そしてここからの展開はうんこの一語

548  白7
87   REG
240  REG


            i、 〈l〈l r,==¬
           -=| |=‐  |.|   |.| o o o    ひどい……!
     /       i7 |.| 「/   L===」        ひどすぎるっ……!
    〈        ゙'              こんな話があるかっ……!
    /      、ー--‐へ、 (⌒\      
.  , '      l`i‐r-ゝ  v   \\、ヾ;  ヽーァ─  コツコツと…
  /イ    :ト、!│| ! , ij   u \ヽリ   ∨    このみちゃんとデートして……
  │,イ   | u | | l∠ニ  u    ト、     ヽ  /  コインを溜めてたのに……
   l/ | ,イ |─ァつ_ ~U~ u/;⌒i   |:: \   ヽ /
    レ W f/ ノ ,.- // ./ j v |:: u \  V   突風っ……!
         { /つ ィ .// /   u  |::v /ヽ.  i  あの糞ハマリがもぎ取った…!
        l /つ/ レ'  〈__,.ヘ   | ̄7  ヽ |  
        ヽ ヘ'v ー-、 ノ  ヽ  | /    W  命からがら手にした
          \ ij 0 ヽ.   `ー' | r‐¬ |   ボーナスも… REG…
           \ ノ O \    |_!o ol_|    急に殺しにきたっ……!


投資:1万
回収:0万

ボーナス合算だけでいえば高設定ともいえなくないのだが
1台のみ導入+通常時ART引けない+子役が重いから止め
演出をニコニコ見ながら寄付する感覚で打つ台だと思いました
  • マンレポ日誌

すいませんリアルが忙しくて元気に放置してました

限りなく非リア系と推測されかねない斉藤君でありますが
しかしそんな私にも少なからずのリアルがあり
日々を頑張って営んでいるのです
今回はそんなオ話



新社会人から一年が経過して毎日の生活にも、
そして夏休みのない夏にも段々と適応していた
自分の元へ雇用主から一つの指令が舞い降りる。

【この一年を振り返って長文を作りなさい】 (レポート)

一年・・・?一年前の俺はたしか……。 → 1年前
入社早々にして末期だったな…そして今も…

ありのままをを書いてしまうと肩を叩かれてしまいかねないので
思ってもいない事を徒然なるままに書いてお茶を濁す事にした。
正直レポートや論文口調には全然慣れていなかったので
こりゃ苦戦するなあと思いつつも書き始めると・・・

カタ・・・カタカタ・・・カタ・・・ッターン!

?!

なんかスラスラ書けちゃったのだ
んで出来たのを見返してみてびっくり


上述の理由より・・・ 加えて・・・


こ・・・この筆の動きは・・・



パ、パナゴッド・・・


そして・・・


貴殿は・・・  ・・・にも適用致します


こ・・・これは・・・




秋音の拳・・・


つまり・・・

ブラウザゲーで大同盟の盟主として彼らのメールを連名ごしに見る度に
なんか無意識ながらもその動きが身についていたのだ・・・

役職やってりゃブラウザ書簡オンラインに見えてくるこのゲーム
文章力の向上を考えてる方には是非オススメ!・・・なのだろうか・・



syo-un: 別の鯖で盟主やってたことがあるんです
syo-un: 書簡は一日3桁


なんてこった・・・
  • 牧場日誌



よつばと!を見た者なら誰しもが行ってみたくなるであろう牧場。
僕も萌えブタとして牛と交流してみたいと常々思っていましたが、
先日ひょんなことからバター作り体験という名目で行く事ができました。

でもバター?バターって・・・どう作るんだろう・・・
とれたてミルク → 回答欄【     】 → まろやかバター
全然知らないが乳さえ搾れたらいいやとこの時までは思っていた

思って・・・いました・・・
  • 情報技術者試験日誌

・1ヶ月前

○<試験前に一日中勉強したいのでこの日は休みください
■<おうわかった頑張んな

・今日

■<公式見たら君のキャラ今日凄い勢いでレベル上がってたけどさぁ……
■<……おまいさん休み希望取る時何て言ったっけ…(ビキビキ)
 


  /    ̄`''<?‐- .._
/            \    ` 、
    _,,...,,__   \     \
   イ : : : : : : : : ̄``ヽ\     〉
/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : \  /
: : : : : :,、: : : : : :人: : ト、: : : : `Y
: : ,、: :ハ/: : :/| |ヤ廾‐-= : : ヽ
: :/ i /∠ ヽ: :イ| | |,ノ''^ヽ : : :∧:ノ
: : : レ´` ~ヽY| | | }  ◎ ) /`l:|   完全にバレてたゲソ・・・
: : /  ◎ }   i    }: :i_ノ l
: 人    ,,,.ノ u   `ー‐、 〈:|: :| : :|
: : i (  〈 u  n    ) 〉: :i :八
: :八 ) ノ_....--ナ'' ̄`y' 人 : \ :\
ハ  \ヽ{___,,,,,....ノ/   ヽ: :ヽ : :\
: i     ーtー─‐ イ ト、...,,_ ! : : :!: : : :}
: :i     j        ヽヽ  `ヽ: :ヽ: : :{
: :i イ~ ((        |│八  j : :人: :\
ノ f   ヽヽ       |│   /: :/ヽ\: :}
  i    ヽ`ー   ─'.ノノ   /: :〈  |: :|: :i
  ノ     ヽヽ     //    ヽ_> .〉 :i :ノ


瞬時に頭をフル回転し機転を利かせアドリブチャットで事無きを得ました
今の試験勉強の進捗度を最近お熱のFF14で現すとこうなります  


::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::
    ::::::::::::      ⊂■■■■■■■■■⊃
   Λ_Λ :::::::    Progress         69%
  /彡ミヘ )ー、 ::::
  /:ノ:丶 \::| :::   素材耐久度 2
 /:|:: \ 丶| ::: 
 ̄L_ノ ̄ ̄ ̄\ノ ̄ ̄

でもいかなきゃね・・・
いかなきゃいけないんだよね・・・
  • 新人研修日誌

・新人研修

えー、もはや1ヶ月以上前の出来事で旬もとっくに過ぎているんですが、
当時の記録を後世に残すために書きたいと思います。することないから。
といっても既に記憶が風化してるのでダイジェスト更新でございます。


研修前の俺

俺 『え?新人研修合宿?4泊5日?ま?たまたぁ?www
  そんなに長い研修があるわけないじゃないっすか?
  実は慰安旅行なんっしょ?ぼくらディズニーでいいっスよ
  あ、PSP持ち込んでいいですか?DS派が多そうですけど(笑)』
   

研修後の私

私 『―――私(ワタクシ)が間違っておりました。これからは学生気分
   捨て、技術者としての自覚を持ち、常に向上心を持ち続けて己を磨き
   一日でも早く会社に利益貢献出来るように日々精進して参ります』



…ていうのも建前で(感想文を書かされた)、実際のところ研修といっても
穴掘りさせられたわけでも王将のような狂気シャウトがあったわけでもなく、
ポケーと眠気と笑いを堪えながら(シリアスに弱い)講義聞いただけでした。
当然学生気分が無くなるわけもなく……というか本当のはこの後だった

~次回ダーク♂飲み会編~

  • 終わらない明日日誌

いつかは、この時がやってくると覚悟していた。
日付はすでにのっぴきならない領域に突入していた。
いつかは、やがていつかはと・・・そんな甘い毒に踊らされ、
一体、どれほどの時を戦い(ゲームで)続けてきただろうか。

社会人。
それはなんと他人事のように感じてた言葉だろうか。
なにゆえ哀愁の寒風を心中に吹き込まんとするのか。
いつまでも消費税だけ納め続けるわけにはいられない。
社会人とはそういうものだとAuthor斉藤君は思いました。

・リリカルなのは

やっとこさ一期を見終わった。1ヶ月くらいかかった
ありきたりな展開で個人的に今ひとつだったが
豪の者(○ちの氏)が言うには一期はまだつぼみで
二期で芽が出て三期で花が咲くとか言ってた気がするので
これからも努力して継続視聴を心がけたいと思います。
あ、タイトルの殆どが「?なの?」形式だったのが可愛かったです。

・CRサクラ大戦2

お~もしれ~え~(CVカムジン
好きな図柄をヒロインにすることが出来るキャラ選択機能があり、
着席後ソッコーでさくらさんを選んでいたら隣に座ってたオタから
冷ややかな視線を送られました。そんな彼はアイリスでござった。
おっさんがすみれさんを選んだりおばちゃんがレニ君を選んだりと
シマ全員の属性が大暴露されるのが半端ねーです。サミタ導入待ち。
  • 僕と教授日誌

<一年前>

fw邦氏_通常b 失礼します!先生!
 来年当ゼミでお世話になる斉藤と申します!
 一年間どうかよろしくお願いします!

fw鈴川_驚き ああ、来年の・・・どうもよろしく。
 基本的にうちの研究は回路を作ったりしてるよ。
 学部生に求められる研究というのは??・・・・
  
<現在>
 
fw景明_通常a
 ……失礼します――先生。


fw皇路_困惑
 ・・・・・・・・・・・・・・・(無言で相手の出方を伺う)


fw景明_通常a
 ――以前先生に渡されたこの謎の部品についてですが
 全く・・いや、いささか動作が分かりかねる所があります。

fw皇路_困惑
 ………それさぁこの間言っといた本に載ってなかった?


fw景明_通常a ハッ。この電子図鑑本のこのへんの図だと思いますが
 ちょっとこの部品とは異なるようでわかりませんでした。


fw皇路_困惑
 ふぅーん・・・・・。ペラ・・・ペラ・・・(本をめくる音)


fw景明_通常a
 (はよ教えろよと)


fw皇路_困惑 
 ペラ・・・ペラ・・・うーん・・あまりにも簡単すぎて
 本には載ってないようだねぇ???(ニタニタ)


fw景明_通常a
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


fw皇路_困惑 
 ああ、これがそいつの原理とほぼ一緒だから
 後はよ?く見て自分で考えてみなぁ(ニタニタ)


fw景明_通常a はっ?・・いや・・・でも・・・・・・
 ・・・いえ・・・了解しました・・・
 失礼します。






fw景明_通常a (・・・何の因果関係も見当たらない……
 が、たしかに教授のされてる事は正しい――

 そう・・・人に聞いてやったとしてもそれは
          何一つ己のためにはならない・・・
          ともすれば先生は僕達の為に心を鬼にして――          
          
          ――成程。そう考えれば今までの質問全てに
          まともな返答が1つも無かったのも道理である。
          そう・・・彼は本物の教育者で――――)


fw景明_通常a 
 せんせー!ここ分かりませーん!


fw鈴川_驚き んっ?一体どこだい?・・プログラムか・・ふむ・・・
・・・よし、水曜日空いてるから一日時間とって教えよう。
こういうのは時間かけてやらないといけないからね。

fw景明_通常a 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







fw景明_通常a
 ……失礼します――先生、また部品が壊れました。
 

fw皇路_狂気
…君さぁ、締め切りしってる?ぅ?後1週間だよぉ??
終わらなかったら勿論留年だからまぁた来年
学校こようね?(ニタ・・・ニタ・・・)


fw景明_笑顔c

 エエ・・・心得てますとも・・・(ニコ・・・ニコ・・・)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。