プロフィール

masksaito

やることなし夫

最新記事

  • 夏の終わり


      _、-、〃1,.    -'``~〃´Z
     Z.,.      = =.      ´z      あれあれ?
.    / '´`ミ    = = 、、ヾ~``` \     もう8月も終わり・・・?
   / ,.--  .ミ   = = ミ.    --、 \
.  <  〃-、  ミ  = =  ヽ   ,.-ヽ  >   はやくない…?
   ヽ i  l   | |ヽ= = 〃| | u l  i ゝ_
. / ̄u ?,´__  | に|= =| l::|/  _`,ー- ,._ ヽ  俺は今まで何をしてたんだ・・・?
 ーz..ヽ___,,...-,-、ヽ.-'=´= = ゝ| ,´,.-,-...,,___ゝー'
    ',=',=,'=,'=|. /ヾ三 三ノ|  |=,'=,'=,'=,'     この夏に…? 何を・・・? 何…?
  ,―'ーーーーー' /.      |  'ーーーー-'--、
  | l ! i ; '  /.       |  i i i ; , |_
  L____/.        |_______l
   /    ヽ        /     ヽ

   ,/テ=、
   | ///,.-ー`,〃´レ,
.  | // / ̄ 、,、、、,、,、,Z  〃
  |   /   ミ     \  ′     あ・・・
. /`ー、ノ|. r‐、ヽ ,.==ヽ' -ヽ  _
/、   > 1 |.l=| | ' ,=、 .=,<   ´    ゲームだけだった・・・!
 ` ヽ´彡. `ー|/ ////r_~'ヽゝ  っ
   / イ  /|  ,=:=:=,=,=「
  / 7 ./|. .|  .ー'ーヽ'ノ. ̄|
 / 三/  |i. ヽ .l l i ; ;  |
./´ ̄ .|   |:|  `ー---,―--'
     |   |+|、___/|  |''ー..,,__


   .____==ヽ     .,.、
   /__  l |/`ー´‐‐‐\
 // _  l:::  ミ,..ー―-‐、 `ヾ
 /f  Z ヾ_|;;   ,.-./l〆l \ \
// /二,\ ミ 彡二\´   ). |―...,,__
/ / l  ー´  ー´ ヽ `l  |.  |    ~\    ぐ
 /  |/l/l/Vヽ/|/ヽl l.  l  |  |           っ
.   /\\    // ':;  l  '  |          ・
、_, ノ j \\  //  ljヽ.    |    /     ・
 /l く  \\|| l/ /. ノ-、:,__  |   /      ・
/| l二> ―-ヽ  ∠-- /|-l (l   |入  |      !
〉ヽ`/   / // uヽ ヽ|-| |,`>´  | .|
   ヽ  し~ ))  U^´ )_ノ | |○  | l
   / ⌒ー´ `ー~ヽヽ  | |   jヽ'
 ,,..‐| f王エ=--=壬王) |へf`ー--~  .|
   | v   l.j~  u  u'´|  |      ゝ/
   |  l l i i l i i,  |ヽ、.|       ヽ,
   |      u  u   .| 0/|        l
   `ー―――――――´ / |

言いたかねぇ!
こんな話・・・!

思い返せばこんな夏休みでした。
AAみっつで語れてしまったんだが。


ある日のスカイプ

    _、,、,、,、,、,、_
   Z      `ヽ
  ,.、Z,,、,,,,,,. ,,r-、  l゙     
  \\lj //^l 7   l     俺はさ・・・
 〈 {゙\li//  |l .||うl |
  `=゚f `゚=彡-、|リ ゝ     老後は猫にでも囲まれながら…!
  ( /  _ `,ィタl |\  \    
  =゙tョョョョ名ュタ.|  /lヽ、_\   パソコンでもつついていたいんだよ…!
_.「 , , , , , , , , l //:::::::||::::
::::::::l    _.....l //::::::::::||::::
:::::::::`゙「「::ヽ   //:::::::::::::||::::

斉藤

        _ NヾV\∧/ !__
        \:::::::::::::::::::::::::::::::<       
        ∠/i/i/i/i/L::::::::>       
      ..,,_/| | | | | | |,,|--フ:::::::ゝ
      /\v.! ! ! レ!'.! ! ! !Z:::::::i     さ・・・・・・・・・!
      {-ー- 、  ,. -――/, -、|
      |   o >    o  }|:|ラ.|:|      さすガっスッ・・・・!その老後プラン・・・・!
      .|ヽ.,/  ゙ヽ _,,,..ノ |:| ノ/|        
       | i"   _ j    v !|シ::|       妻と子供がいないっ・・・!
      . | .i―-----― 、 /、:::::|         
       | |二ニニニ二二| /::.ヽ:::ト-、       遠のく・・・! この人と話してたら・・・
       .|└-――---'./::::  〉|: : :\ー-- 
        |.   ≡ u.  /:::   /.|: : : : :!ー--  間違いなく婚期が・・・!
     _,,.. -|____ /::.   / .| : : : : !: : : :
  r ''": : : :,,.. -/: : : ヽ::::::::::  / |.: : : : : !: : : : いない・・ ここまでの逸材・・そうは・・!
. /:ト- '''"" : : /: : : : : |\   /  |: : : : : : !: : : :
/ : | : : : : : : /: : : , ヘ|/|  /\ |: : へ : :.!: : : :  
: : : |: : : : : :/: : :/: : :| . | /   |/: : :\:!: : : :
c1

           _ヽー-、 ,. -;z.__
          ,>  `   ′ ' ∠._
          /            <
           イ      ,、     ヾ
         │  , ,.イ ハ. ト、   |   リアルがダメでも斉藤さんには
             | .ィ/ニソ 'エ、ヽ |    
         r'コ| { 9 .  9 } |Fヽ  エロゲがあるじゃないですか‥‥!
           |にl| `ー ,」 L ー '  l|-リ   
           ヽニ| 、_"‘‐u‐’´"_, |ン   
            |.ト、二ニニ二ノ!|
           ,.l.ヽ.ー‐-rー─;ノ.l,、
      _,  -‐''::「l.\ ̄二 ̄.//|::`'ー- ._
  ,、-‐''":::::::::::::::::.:| \. ` ー ' / .|:::::::::::::::::::`''ー-,、
  /::l:::::::::::::::::::::::::::::l.  \  /   .|::::::::::::::::::::::::::::/::l
. /::::::l:::::::::::::::::::::::::::::l     ×     l:::::::::::::::::::::::::::/ ::::l
emyupom

  • 自炊

気がつけば・・・
一日あたりの食費が800円しか残ってなかった。


これではコンビニかマクドの二択生活を続けることが
できないことに気付いた私は自炊をすることにした。


が、ここで問題なのはスーパーだ。
何の考えなしにスーパーに行っても十中八九
カレーの材料とお菓子しか買ってこない僕。


前回一日三食カレーに挑戦し、3食目で気分を著しく
害した苦い記憶がある為、また同じミスをするわけにはいかない。
過ちは二度繰り返してはならぬのだ。


というわけでスーパーのオススメ買い物を聞いてみました。


 D氏
 ・とりあえず3食分の納豆やろ
 ・んで味噌汁な。豆腐とかそのへん
 ・卵は今高いからな・・しめじかな
 ・あとは鮭とか白菜かな


 C氏
 ・豚肉があればとりあえずいいだろ
 ・焼肉のタレつけて生姜焼きとかな
 ・俺キャベツきらいだからレタス中心や
 ・カマボコとかあるといいかもな


 M氏 
 ・あぁん?ウィンナー食べたいな?
 ・餡かけチャーハンでも食っとけ
 ・おいなりさんは3時のおやつだ
 ・巻いて食えやプーさん?



('∀`) ふむふむなるほど


これは結構タメになりますね。
とりあえず朝飯に納豆ご飯と味噌汁を作って食べてたら
一日の始まりの爽やかさを感じた。
色々つくれるようになりてーですね。


  • ファミマ日誌

AM 4:00


目覚めは唐突だった。
夜かとおもったら早朝だった。
小腹が空いていたのでコンビニへ行くことに決めた。


行きつけのファミリーマートへ自転車を飛ばす。
が、そこの入り口に何故かうんこ座りをしている店員がいる。


よくみてみると煙草をふかしていた。
不思議な光景に目を奪われているとお互いの視線がぶつかる。


店員「…………」
斉藤「…………」


動揺っぷりを悟られるわけにはいかない。
常連っぷりを見せ付けるべく颯爽と自転車を飛び降り鍵をはずす。
この間コンマ100秒。APM200。
が、店員は動じることもなく自然な振る舞いで店内に入っていった。


ガガー (扉の開く音)


店員「…………」
斉藤「…………」


中々レベルの高い接客態度に俺の心は燃えかけていた。
早朝からジャンプ、マガジン、サンデー、スロット雑誌と
一通り立ち読みを貫く。


店員「…………」
斉藤「…………」


店員の視線が怖くなりかけた頃に颯爽と牛乳パックと惣菜パンとお菓子を
手に取りレジへと進む俺。


店員「511円になります」
店員「カードはお持ちですか」
斉藤「……(フルフル)」
店員「…ありがとうございました」


ファミマを出ると爽やかな朝日が見えたような気がした。
家に帰り袋を開けて朝飯にする。







ストローが入ってなかった。
俺は深い悲しみに包まれた。
  • 緋闘劇 R2 反逆のYSN

こうして…
斉藤たちの長い夜・・・・・・
狂気と策略の交差する6時間余が終わった


参加者80チーム総勢240名が織り成す緋想天トーナメント
”緋闘劇”の大会は終わったのだ


ここから先はひたすら長文の一語
朝。
俺は2度寝をすることなく起きた。


しかもその後、部屋の掃除と洗濯をした。
周りの奴に、これがどんなにすごいことなのか説明したくなる。


だが、こんなのはまだまだ序の口だ。
俺は…俺達はある野望を胸に抱いていた。




東方緋闘劇3on3


今度の緋闘劇(3on3)で優勝することだ。


ちなみに前回の緋闘劇(2on2)では2回戦敗退だった。
だらけー王の健闘虚しく私が全敗したからだ。
いやーはっはっは、すまんね。


そして・・・
8月4日・・・
緋闘劇エントリーシート提出の日が来る・・・


だらけ 「さて人数が一人足りないわけだが…」
斉藤  「まぁ、僕がいるんだしさ、後は人数合わせで誰でもいいんじゃない?」
だらけ 「次それ言ったら殴るからな」


斉藤 「じゃ、あいつを呼ぶか…」
だらけ「待て…あれの封印を解くのか」
斉藤 「ああ…」



エミュP 「ふっ・・・ついに俺を解き放つか・・」


あまりにも巨大なオタ能力の持ちすぎで親族からPCを封印されていた
アイマス男ことEMYUPOMである。
そしてこのチームはPH勢3人により構成されてしまったのだ。
これはひょっとしたらひょっとするんじゃないだろうか。


 44 :名も無き緋想天:2008/08/04(月) 00:03:32 ID:mILwIFQo
 【エントリー名】だらだらアイマスバスターズ
 【先鋒】 かな坊
 【先鋒使用キャラ】妖夢
 【中堅】 アイマス
 【中堅使用キャラ】文
 【大将】 だらけい
 【大将使用キャラ】 幽々子
 【一言】俺達は伝説の始まりを見るのさ



04:20:57 Saito_ > おれ
04:21:02 Saito_ > こんどのひとうげきで優勝できたら
04:21:05 Saito_ > あるばいとするんだ・・・

   .    /二ヽ      強敵すぎた・・・・・・!
       |:::::::|
    _,,. =''|:;:;:;:|'= ,,_    大会・・・・・・・・・ファントム勢のやつらは・・・・・・
   i i- 「~NVリ~7-|ヽ   オレから見たら・・・
   < | | r==-i .|〃
   | | ||ニ二.ニ|| | ,.l
  ヽ ヒ||    ||コ ./   強大っ・・・・・・!
    i ヒ上====土|/
    〈.   ̄~ ̄ .〉    強すぎ・・・!
    ! ー-+-―.}
     F!  | ,, Ij
     ト _| ,,_ /     試合中・・・・・・
     .| "".|  i      精一杯だった・・・・・・
     |   | , i      スペカぶっぱで・・・・・・・・・!
     .|  .| |..
    ..:::L--」.コ::::
    :::::(ニ三,,!::::::
     ::::::::::::::::


1回戦
    斉藤0?1衣玖 先鋒   
   だらけ1?0萃香 大将
   だらけ1?0衣玖 決定戦

2回戦
    斉藤0?1幽々子 先鋒   
   だらけ1?0天子   大将
   だらけ0?1幽々子 決定戦


       ト、
 ':,      '「::::\┐___,,.. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' ー 、.,        /
  ':,   r-‐'へ::::::::!_'´ __,,,,......,,,,,__      `ヽ.       /  み み
   ':,  >:、:;::::::>''"´         `"''      ヽ.    ,'   ょ  ょ
    ':,└─ァ''"'   /   ,'´        ヽ.     ':,   i.  .ん  ん
. \    ,' /   /  ,'  !      ;   ',  ヽ    ':,  |   み 
   \  / ,'   ,'!  /!  !   ;  /!   i      .!.  .!.   ょ
     ∠__,!   / !メ、」_,,./|   /! / !   ハ!   |   |.  |.   ん
`"''  、..,,_  !  / ,ァ7´, `iヽ| / |ヽ、」ニイ、 |   .|   |.  |.   ! !
       i,/レイ i┘ i. レ'   'ア´!_」 ハヽ|   |   | ∠ 
─--     /   !  ゝ- '       !    ! !   |   |  `ヽ.
      /   7/l/l/   、     `'ー‐ '_ノ!   |  i  |    ` ' ー---
,. -──-'、  ,人    `i`ァー-- 、  /l/l/l |    !. |  |
       ヽ.ソ  `: 、.   レ'    ',   u ,/|    |  !  |
 み  み  i  /ーナ= 、 '、    ノ  ,.イ,カ    !  |  |
  ょ   ょ  .|ヘ./|/レへ`>-r  =ニi´、.,_ |  i  ハ  ! ,'
 ん   ん   !     _,.イ´ヽ.7   /  /:::| /レ'  レ'レ'
 み  み   |   /7:::::!  ○O'´  /::::::レ'ヽ.        ___
 ん   ょ   |  /  /:::::::レ'/ムヽ.  /::::::::/   ヽ.    ,. '"´  `ヽ.
 ! !        ! ./  ,':::::::::::!/ ハ:::::`´:::::::::::;'    ',  /        i