プロフィール

masksaito

やることなし夫

最新記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • チケット日誌

俺 ( ……ついにこの時がきたか)


1月27日水曜日。
KEYのイベントチケットの再販日である。

無差別アクセス制限という非人道的なセキュリティが敷かれた
keyチケット販売ページにて、無限の転売厨と購入厨を相手に
何としてでも売り切れる前に辿り着かなければいけなかった。


俺 (漕ぎ出す!)


PM 19:00



「時間だ・・・任務を開始する!」

カチッ
カチカチッ
カチカチカチィッ!




全然繋がらなかった…。
それでも、俺はただクリックし続けることしかできなかった。
それが、最善の行動だと信じて…
だけど・・・

c1「F5していい?」
c1「転売するぞっ」
c1「もう売り切れだろ」
c1「初日分の販売オワタ」


しだいにその熱意も、この男に書き消され、不安が湧き上がる。



「オレは・・・鍵っ子になれない・・・?」

俺はこうして…また諦めてしまうのか…。
何のイベントにも参加することなく…。
ヌルオタとして生きてゆくのか…。

『もういいよね・・・F5・・してもいいよね・・・』

そして…
もう祈ることしかできなくなった…
こんな最後は嫌だ…
チケットが欲しいって…
闇雲に駆けて…
気付けば…IRCで叫んでいた…
その時、”声”が…俺を包み込んだ気がした
最初は夢なのかと思った
でも、残されたものはログとしてあった




c1 「おい入れた!!まだチケットはあるぞ!!」


最初は何を言っているのか理解できなかった。
俺はログを眺めたまま、その意味を反すうしていた。
やがてその言葉の持つ意味がおつむに伝わり……
そう…彼もまた、同じように挑戦し続けてくれていたのだ…
片手間に人を煽りながら……もう片方の手はずっと動かし続け……


 c1 「俺が代わりに注文する!個人情報をよこせ!」
 c1 「電話番号とお客様番号ってのが二つ必要だ!」
斉藤 「わ・・・わかった!!」


俺は、力強く頷いた。
このとき、マイスター同士のたしかな絆を実感した。
二人のオタがひとつとなって、目指していた。
ひとりではなく、誰かが近くにいる……
そんな温もりを涙が出るほどに感じられる…
…そんな瞬間だった……って…
……ん…?


お客様……番号……?
ホワッツ??ホワイ??
え…何それ……ん・・・これ・・・?





あ・・やってなかった・・・





c1 > なんて糞ヌーブだ!万死に値する !


そしてもたもた登録した後には全て手遅れで(つω´)
お約束のように売り切れに(実話)


  c1 > 俺イノベイターだからリンクまでいったものの
  c1 > マイスターが使えないやつで・・・手遅れだった・・・
saito > ・・・この僕が、アクセス出来ないなんて・・・



どういうことなの……まあ仕方ないね・・・
ヤフオクで買うほど金も無いしそういうのは好きじゃないので
縁が無かったと思ってすっぱり諦めることにしました。
おめーは就職活動でもしてろっ!ってダブルオーの声が聞こえた



・おまけの末期ログ 

  
斉藤:公式チケットで割り振られた運命の席順

斉藤:そこで出会う二人の男女


 C1:ガチオタであった

斉藤:このライブは・・・好きですか・・・ (女の子)

 C1:フヒィ(とても好きです)

斉藤:その場で立ち尽くす彼女

斉藤:黒髪でちっちゃくて

 C1:ヤリマンである

斉藤::ライブが終了し―

斉藤:少しずつ失われてゆく熱気

 C1:火照るからだ

斉藤:俺達は歩み続ける

斉藤:長い…長い…


 C1:ラブホの街路樹を

斉藤:(fin)

 C1:Badend

スポンサーサイト
  • 鍵厨のサイフを刻む唄



「Key」が10周年を迎えたことに記念した感謝祭イベントです。これまでを振
り返り、それにちなんだ記念グッズの販売や、ミニイベント、展示を行います。物販・イベント会場に品川インターシティホール、ライブ会場にステラボールを使用した盛大な催しになります。

  『KEY 10th MEMORIAL FES,』特設ページオープン

い、行きたい……。
このイベントがあることは知っていたのだけど
チケット販売日が21日だったのをすっかり忘れていた……。
でもトラブルがあったらしくチケットの再販を27日にあるとか

しかし悲しいかな、私はもう生きるだけの金しか残ってない身。
この期に及んでまだ食費を節約するという選択肢は無いのだ。
人はそう簡単に生活レベルを下げたりできないのだから・・・

でもS資金(就職活動資金)を使えば買えなくもないんだけど
親の信頼値を下げてまでオタ活動するのは私の信念に反する。
しかたない、この場は機転の利いたとんちで切りぬけるとしよう。


プルルルル

兄上「あ?」
斉藤 「おれおれ、俺だけど」
斉藤 「今度品川ホテェルの就職セミナー行くから」
斉藤 「出世返しで交通費貸してくれない?」
兄上「…………」
兄上「…………KEYイベか……」



バレテールッ!

そういえば彼にクラナド勧めて鍵厨に仕立て上げたの僕でした。
あれから相当経験を詰んで今では立派なエージェントになったらしく
既にこのチケットを注文済みだった

ぱねぇっ!

まあこれで金はなんとかなったけど再販時に購入できるんだろうか^^;
チケットとか購入経験がないのでそこだけが私の心配です
  • 僕たちの緋想天(最終回)

長崎ちゃんぽん野郎達が集まる某チャンネル#ysn
最近は水面下ですいむそうが流行りだしたようで
マグロ目だった皆の瞳に光が宿るようになりました。


僕もこの逆流ブームの影響を受けお熱が上がってきたので
またちょくちょく遊び始めることに!……ひそうてんを(*‘ω‘ *)
すいむそう?良いサントラCDですね


てなわけで・・・


数ヵ月ぶりにしたらばへ赴いてました!!11
相変わらずのスレ熱気だ……
レイパー共の闘気が渦巻いておるわ


vs兎

うさーうさーうさたーんー
お互いピョンピョン飛び跳ねてかわいいのー
楽しいのー幸せじゃのー

 起き上がりでHJ逃げばかり多用するのはどうかと思います  

      ↑試合後の挨拶レス 

J(・ ω ・)し・・・・


vs妖夢

ん・・・このひとダウン起き攻めにDA重ねようとしてるけど
タイミングずれまくってる・・・ほら普通にAコン入った・・・
あ・・・また・・・

 起き攻めに対してA重ねるのやめたほうがいいですよ……


(・ ω ・)・・・・・・


vs小町

このっ!このっ!このリーチめっ!
こうなったらB射キャンセル昇竜だ!
飛び込んできたら迎えうってやる!

 素晴らしき昇竜ゲーありがとうございました   


(´ω`)・・・・・・・・・・・・・・・


__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-


                          /⌒ヽ   _,,-''"
          もーどーでもいいおー ,(^ω^ ) ,-''";  ;,
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'  
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ
  • 東京日誌

青年 「また、帰った……」


青年は都会の大地を踏みしめる。
鋭い目つきのガリ男だ。
鷹揚とした佇まい。
職の不安など、田舎に置き忘れ去ったかのような。


青年 「……………」


故郷との違いを、男は噛みしめる。
人も、建物も、空気も。
全て違う。
貧しい田舎町とは、何もかも段違い。


斉藤 (もう野菜だらけの日々や、ペイント漬けな毎日は御免だ!)

 
ペンタブは返上した。
自家栽培なんか誰が手伝うか。
俺が欲するものはただひとつ。
ゲームやコミックやアニメやDVDやPC周辺機器だ!


斉藤 「だが」


さっそくだが金が無かった。
何を買うにも金はいる。
でも働く気はこれっぽっちも無かった。
周りを見渡すと自己出張の高い景観のパチンコ店が目に入る。
したらそこから男が出てきたではないか。


男 「勝ったぜー!」
 男は「俺は演出を堪能したぜー!」という顔つきで出てきた。


男 「萌えパチにしては、中々の出玉だぜー」
 そんな聞き捨てならないことも言って、歩み去った。
 そのセリフが。
 出発前に交わした某オタとのMSNログをフラッシュバックさせた。


 c1 の発言:
 がろで20k勝ったぜー!



斉藤 「……………」


           /ィ:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:
          /:〃:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.
          ///:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:
          〃/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.l:.:.:.:.:.:
 ワキワキ    / 〈:.:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.il:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.li:.:.:.:.:
    __   f ¨ヽヽ、:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:ll:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:l:l !:.:.:.:.
   (. ヽ  ヽ- 'ヽ `!:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:l:.:.:i:.:.:.:.__..--++-----‐‐l十!´:.:.:.:.:.:.:.:.lll、l__
   ヽ_ノヽ  l - i  ` ー -.l:.:.:.:.:.:.!:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l !:.:.:.:.:.:.:.:.:lll l:.:.:.:
    ',  ヽ__」  l     i`ー‐‐┴‐:L___:.--‐┘'‐‐_‐_‐二,, ::`ー―‐‐┘::└-_
/ `ヽ、_ )       ヽ /ヽ l:.:l:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:l/そニづ::::::;¨-リ ::::::::::::::::::::::::::::::: ¨{ ア
ヽ、 )         `、!  ヽ!:.:l:.:.:l:.:.:.:.l:.:l:.:.:.l`  ヽ..二二 .ノ  ....::::::::::::........  ヽゞ
  Y     /,     ハ`i  i:.:i:.:.:l:.:.:.:l:.:.l:.:.:.!              :::::::::::::::::::
 , -!   / '   // レ'  l:.:l:l:.:.l:.:.:.l:.:.l:.:.:.l
. ヽ、`ヽ、 /   〃     ./:.:l:.l:.:.l:.:.:.l:.:.l:.:.:.l、          、     ''      ,
  `ー-'     /     /i:.:.:l:.:l:.:.l:.:.:.l:.:l:.:.:.l:ヘ        ヾ、ー―――‐‐フ
    ヽ            / l:.:.:l:.:.l:.:.l:.:.:.l:.l:.:.:.:l:.:.:ヽ、        ̄ ̄ ̄ ̄ ´
     \       /  !:.:.l:.:.:l:.:.l:.:.:.l:l:.:.:.:.!:.:.:l:.:.:`:. 、              ,

          「ボクも久々に打ちにいくですかね…」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。