プロフィール

masksaito

ヴァカリネ鯖です

最新記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暇なら広告チラシ刷ってろっていわれたので書きます

     ( 'A`)
  _φ___⊂)_  なんにするね…あれでも賈詡文和…  
 /旦/三/ /

しかし下書きを書き終えたあたりで参謀から衝撃的な一言
参謀 『内容は周囲に与える影響を鑑みてくださいね^^^^』
な、なんだってー!

・書いてたもの

ハーイpnatic諸君 → 没
斉藤は二度死ぬ → 没
インドカレー → 没










saito > 盟主って何なんです
pana_: http://www.youtube.com/watch?v=WLb1H26DAII
pana_: これの一番上の人が斉藤


一見ネタにみえるがこれはかなり深いんじゃないのか・・・
盟主というものの存在と戦争時の役割を深く皮肉っている
スポンサーサイト
・ブラウザ一騎当千4鯖 第4話


今回は・・・当ブログにおいて何故かスポットライトを
当てられてしまったという悲しみをもつ同盟員・・・
山田と呼ばれた男を描いた番外編である・・・
彼をネタにするのもこれが最後である・・・


pnatic X ~統べる者たち~

 ~奇跡の山田、南東の風を巻き起こせ!~


カゼノナカノスーバルゥゥゥゥウ- スナノナカノノギィィィンカァァァ゙-


全てを丸投げされた男

        
                悲しみの中間管理職


                                苦情担当窓口への抜擢
               



ある日・・・山田は岐路に立たされていた・・・

盟主から、同士を勧誘しろと迫られていた。
斎藤「はよ勧誘」

山田は戸惑った。
この時期になってまだソロで活動してる人は
そもそも同盟に興味ない人しかもう残っていなかったのだ。

「無理です!!僕には出来ません!!」
山田は叫んだ・・・

斎藤「はよせ」
しかし、雇用主は聞き入れてはくれなかった・・・

それから、山田のキャッチ活動が始まった。
目ぼしい人材を見つけては、たどたどしく勧誘していった。

突然のメール失礼します。
Pnaticの山田です、今回書簡を差し上げたのは~


しかし、誰も話を聞いてくれなかった・・・
山田は、来る日も来る日も勧誘活動に追われた。
いっそ謀反してあいつを殺せばどんなに楽だろうと呟いたこともあった。
それくらい追い詰められていた。

その時である・・・
彼の元へかつてプナ帝で勧誘王と崇められた人物が現れた。
そして王は誰に聞かせるでもなく、ぼそりとつぶやいた。

まいご「勧誘はな・・・魂を落とすんや・・・」

そうだ。魂だ。漢と漢の会話をすればよかったんだ。
暗闇に光が射した気がした。 それからの山田は完全に吹っ切れていた。
個人という枠をこえて同盟まるごと勧誘するようになった。
勧誘文句もそれまでのテンプレ的文学ではなく魂が篭ったものだった。

こんばんは、Pnaticの山田です。

斉藤と協議の上、****さん率いる*****同盟ご一行様を
エスポワール(Pnatic)に乗船(合流)していただいてはと招待メール
させていただきました。

とはいえPnaticは戦争もおkの同盟であり、全員アボンの危険性を
孕んでおり~


そして・・・






○○同盟 『分かりました、私共にその話乗らせてください』
××同盟 『当同盟を貴同盟に編入させては頂けないでしょうか』




山田SUGEEEEEEEEEEEEE
勢力拡大の気配
~ブラウザ一騎当千4鯖 第3話~


軍師曰く、学園を射んと欲すればまず砦を射よ・・・
というつぶやきの元、早速砦攻略計画が立案された・・・

そして・・・

各地へ散らばった砦の攻略が始まった…。


南東砦26攻略戦線



激しい攻防の末に何とか攻城成功!!
突貫スケジュールでしたが皆さんお疲れ様でした。
自分は盟主として厳顔な顔つきで旗を振っていました(非参加)。

一人で殲滅の9割を担当したMVP山田君には
いつかお小遣い100TPくらいを進呈しよう
無論時と場所は指定していない



同盟による同盟のための各種メルマガサービス始めました
ここには載せれないインモラル系情報全てアチラでお届けしてます
近々プナ帝の物好きの間で賭けデュエルなるものの遊びを画作中。
~ブラウザ一騎当千4鯖 第2話~

続いた!エピソード擬似連2回目!第2話!
基本的に飽きっぽい自分ではありますが盟主という立場になった今、
全てを無かった事にするのも不可能なレベルになったので
この空が無くなるその日まで書き続けたいと思います。

でも語り部口調で語るのもそろそろ疲れたので動画で説明
3分でわかる!4鯖新生のプロローグから第1章までのまとめ



※この動画は斉藤主観によるフィクションであり実在する人物名と団体(略

というお話だったのサ・・・
動画の苦情は担当窓口の山田君(pnatic)の方へお願いします



さてここで各学園の勢力図を整理しよう
某掲示板から引っ張ってきた情報によると

許昌:魂影
涼州:河合塾
南陽:残影第5支部
洛陽:機略自在,魂影第3支部,脱退組み集合!
成都:GOH,魂影第一支部
呉郡:Pnatic,臨応
南蛮:明日から本気出す


こうなっているらしい…
果たしてこの先情勢はどうなることやら…



メンバーリスト追加しました(@'u')
同盟員の山田君から『更新おせーんだよ死ぬか?』
って言われたので眠気を振り絞って更新します。
暗に自分のお役目を諭された気がしました。


~ブラウザ一騎当千4鯖 第1話~


しかし一体どこから話そうか・・・
4鯖の一見さんから見てもわかるように
とりあえず前のカケラの世界(3鯖)から軽く触れよう

ええとあれは・・・戦争・・・多分戦争が起きていたのだ・・・
事の発端は平和な日常に飽きて暴徒になったプナ帝と
それを粛清しようと立ち上がったソウルシャドウ(魂影)

ちなみに自分はこの戦いの事をを先の大戦と呼んでますが
大戦でも何でもなく侵略して侵略されてのイカ娘ゲーだった

この戦争はかれこれ一週間続いてたが実質一日のようなものだった
盟主斉藤は7つの拠点を没収という詰みゲの刑(極刑)を喰らい没落
外交官のaqua氏はどさくさに紛れて某国に攻めてたのがバレて全滅
盟主補佐のgodmaru君に至っては・・・・・何故か無傷だった・・・

こうして・・・3人のバカ共の戦いは何も残さず・・・
ただ無意味に死んでいったかのようにみえた…
だが・・・残されたものは確かにあったのだ・・・

??? 『ブログ・・・見させてもらいました』
??? 『今度は自分も仲間に入れてください!』







時は同じくして今度は4鯖の方に新同盟・超プナ帝国を設立
人が増えに増えて現在同盟ランキング第一位の超大手同盟に…
これまでの茶番劇は全てこれを見越しての事だったのだ・・・嘘だけお・・・

まあ人材と人脈こそがブラゲーウィナーの近道である事を最近知ったので
同じ志を持つ者同士で集えたのは僥倖だったといえよう。ただあの理念を
掲げてる以上まともな終わり方はしないでしょう間違いなく。



このブログのトップ画像右下の【PNATIC】にメンバーリスト公開しました。
IRCに入ってる中でも顔だしOKそうな人を選んで乗せてます。
俺を忘れるんじゃねぇ!って方は連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。